二重あご解消方法について

2014年1月31日 / 未分類

二重あごになるとたちまち老けた印象になり、一回り顔が大きくなった感じがしてしまいます。
下を向いたり横を向くとあごや首筋にしわができて本当に憂鬱にるものです。
これはあごの下の筋肉を刺激して引き締める事でシャープになり改善できるといいます。
まず、口を大きく開けた時に動く顎二腹筋という筋肉を確認します。
中央部分のくぼみにある筋肉です。
この筋肉はあごの裏にある、口の開閉する時に大きく動きます。
あごの中央から指1本分右側に両手の親指を揃えておき、あごのふちに沿ってスライドさせるように動かし、10回ほど往復します。
この時に親指をグッと押しこみながら動かすのがポイントです。
終わったら中央から指1本左側も同様に行います。
この時筋肉が硬いと思うところや引っかかりを感じるところは回数を多めにマッサージします。

 
また、胸鎖乳突筋という耳の下から鎖骨にかけて出っ張っている筋肉を刺激すると効果的です。
この筋肉に苦しくない程度に圧をかけることであごのたるみを解消できます。
あごのたるみは体型に関係なくなってしまいます。
出来る限りあごの筋肉を使って、筋肉トレーニングをすることでシャープになるので努力していきたいものです。”

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る