目の下のたるみ解消方法について

2014年1月31日 / 未分類

 

 

目の周りを取り囲んでいる眼輪筋は、人間の身体の背筋や腹筋と同じで、日常生活で普段から鍛えておかなくては年齢と共にその筋肉が衰えてしまいます。この眼輪筋も同じように年齢と共に衰えてしまうので、日頃からエクササイズを行わないと目の下がたるみ、見た目の年齢よりも老けて見えてしまいます。この筋肉をエクササイズする前に必ず行わなければならないのは、目元の血行を良くすることから始めるため、温かいタオルなどで温める必要があります。目元を温め終わると、まぶたを力いっぱい開き、強く約30秒間閉じます。これを1セットとし5セット行います。次に眼球を右回り、左回りに1回転ずつ回す運動を1セットとし、これを3セット行います。次に眼球を上下左右に動かし、これを3セットします。

 

その他、指で目頭、目じりを押さえ、斜め上を見る形にし、この状態で下のまぶたを目を閉じるように縮めると、眼輪筋が反応し震えを感じ出しますので、このエクササイズを約10回程度繰り返すと完了です。このようなエクササイズは、たるみを解消する方法につながるのですが、効果に即効性はないので毎日継続して行うことが必要となり、たるみを予防するつもりで続けることが大切です、

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る