顔ヨガで小顔になれるのか

2014年1月31日 / 未分類

 

 

女性ならキュっと引き締まった小顔に憧れるものです。
モデルのように身長が高くなくても、小顔ならば身体全体の印象がバランスよくなりスタイルが良く見えるものです。
しかし顔の大きさはどんなに高級なスキンケアを使用しても変えることはできません。
メイク方法で顔を引き締まったように見せる方法はありますが、実際に大きさが変わったわけではありません。
顔が大きく見える要因はむくみとたるみです。
血行が悪くリンパの流れが悪い状態であると顔がむくみ膨らんでみえるのです。
たるみはフェイスラインがはっきりせずに顔が大きく見えます。
理想は引き締まったハリのある肌が骨格の上にぴったり付いている状態です。
余計なぜい肉をつけずに、たるみやむくみが取れると小顔になることができるのです。

 
お金をかけずに自分でする方法が顔ヨガです。
目を大きく見開いたり、口を大きく開けたり、顔を大きく動かしたりと顔の筋肉を鍛えることによって、ぜい肉を落とし血行とリンパの流れを良くしてスッキリしたフェイスラインになることができます。
顔の中で面積が大きい頬は一番たるみやすくむくみやすい場所です。
口周りをしっかり動かしストレッチすることで、シャープなフェイスラインとなり小顔へと変化します。”

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る