ほうれい線に効く顔ヨガについて

2014年1月14日 / 未分類

 

 

女性の悩みの1つにあげられるほうれい線は加齢や、肌の乾燥、紫外線、たるみなどの原因によって起こります。肌が乾燥してしまうと、皮脂や汗が不足している角質層が壊れてしまい肌のバリア機能が低下してしまいますし、紫外線を浴びてしまうと肌の水分が奪われて乾燥を引き起こし肌の基礎機能が低下してしまいます。また、加齢とともに頬の脂肪も重力の影響で下に落ちてしまいたるみが生じます。これを改善、予防するにはバランスの整った食事やサプリなどを利用するのも良いですが、顔の筋肉を鍛えることも大事です。

 

顔の表情筋を鍛えることでシワやたるみなどを改善し、リンパの流れが良くなることでむくみの解消にもつながり、小顔効果も期待できます。鍛え方は色々とありますが簡単なものは、まず目、鼻、口、顔すべてのパーツをぎゅーっと力を入れて顔の中心に集め、鼻と口から一気に息を吐き出します。最後まで吐ききったら、顔全体を緩めます、これで顔全体をほぐして血流を良くすることができます。次に唇を真ん中に丸い円ができるようにすぼめて、目を閉じ口角の両側をしっかりとすぼめて口とあごを突き出したり、戻したりを数回繰り返します。これでシャープなフェイスラインを作る効果があります、時間にこだわらず自分の都合に合わせて毎日行うことで改善・予防に効果が出てきます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る