カテゴリー「未分類」の記事

スッキリ細長い首を作る方法について

2014年1月31日 / 未分類

 

 

薄着の季節になると、各部分の露出も増え途端にダイエットが気になるという女性も多いでしょう。
そこで、アンケートなどでも気になる部分の上位に入る事も多い、首を細くする方法をいくつか挙げていきましょう。
一番効果があると見られているのは、表情筋を鍛える方法です。これは簡単な方法で顔全体がすっきりと小顔になる効果もあります。リンパの流れが良くなることでむくみがとれ、脂肪燃焼にも一役買うのが、すっきりする理由の一つだと考えられています。

 
やり方は、あいうえおの言葉を大袈裟に発する方法です。あという言葉の時は、目も口も大きく開けるといったような方法で、全ての文字をできるだけ表情豊かに発すると、効果の程も大きいでしょう。
姿勢の見直しも実行してみましょう。姿勢が正しい人はそれだけで、ほっそりと細いスレンダーな印象を与える事も可能です。
お腹を引っ込め、常に上から糸で吊るされているイメージで背すじを伸ばすと有効だと言われています。
日常的に意識しながら生活すると良いでしょう。
肩の筋肉をつけるのもお勧めです。この部分に筋肉がつくと、他の部分が細いと勘違いする場合があります。いわゆる洋服の肩パットと同じ働きをしてくれるのだと考えられています。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

目の下のたるみ解消方法について

2014年1月31日 / 未分類

 

 

目の周りを取り囲んでいる眼輪筋は、人間の身体の背筋や腹筋と同じで、日常生活で普段から鍛えておかなくては年齢と共にその筋肉が衰えてしまいます。この眼輪筋も同じように年齢と共に衰えてしまうので、日頃からエクササイズを行わないと目の下がたるみ、見た目の年齢よりも老けて見えてしまいます。この筋肉をエクササイズする前に必ず行わなければならないのは、目元の血行を良くすることから始めるため、温かいタオルなどで温める必要があります。目元を温め終わると、まぶたを力いっぱい開き、強く約30秒間閉じます。これを1セットとし5セット行います。次に眼球を右回り、左回りに1回転ずつ回す運動を1セットとし、これを3セット行います。次に眼球を上下左右に動かし、これを3セットします。

 

その他、指で目頭、目じりを押さえ、斜め上を見る形にし、この状態で下のまぶたを目を閉じるように縮めると、眼輪筋が反応し震えを感じ出しますので、このエクササイズを約10回程度繰り返すと完了です。このようなエクササイズは、たるみを解消する方法につながるのですが、効果に即効性はないので毎日継続して行うことが必要となり、たるみを予防するつもりで続けることが大切です、

口角アップ方法について

2014年1月31日 / 未分類

 

 

初対面の人への印象で一番よく目に映るのは目元と口元です。
特に口元はどんなに中身がよくても口元がにこっとしていないと良い印象はもつ辛いです。
たった一分で口元の印象を変える、あなたの最高の笑顔のために印象アップします。
まず、鏡を見て、口角があがっているか見ます。
ここがあがっていないとどれだけ素敵な笑顔も綺麗には見えないので、鏡でチェックします。
左右バランスよくあげ、上の前歯8本が綺麗に見える状態が素敵な笑顔と言われる表情です。
鏡を見ながら左右バランスよく上げたり、引き下げたりを繰り返しながら、日々チェックしていくことが大事です。
きちんが上がらず、横に引っ張られているような感じですと、正しく顔の筋肉が使われていない証拠なので、意識してあげるようにします。
あげる筋肉が意識できるようになると、今度は「おいしい顔」の方を意識してやります。

 
まず、顔を正面に向けたまま、前歯8本を見せてにこっと笑い、目線は上を意識します。
そのまま舌を正面に出して舌先を上に向けて尖らせ、鼻の頭を舐めるようなイメージで舌先を意識します。
口元をあげないように注意しながら、舌を左から右にゆっくり動かし、今度は右から左に動かし、三往復します。
一日数回、一分程度を二週間ほど続ければスムーズに筋肉がほぐれ、素敵な笑顔になります。”

眼力アップ方法について

2014年1月31日 / 未分類

 

 

メイクをする際に目元の印象をしっかり持たせて眼力アップをさせたいと思っている女性は多く、アイメイクに力を入れる方が増えてきています。しかしアイメイクはやりすぎてしまうと一気に年齢よりも老けた印象を相手に与えてしまう恐れがありますので、自然な雰囲気にしつつ目元のインパクトを大きくする方法として、カラーコンタクトを使用する女性が多くなってきているのです。
カラーコンタクトは普通に販売しているコンタクトレンズにさまざまなカラーが着色しており商品で、若い女性からは『カラコン』と呼ばれて愛用されています。奇抜なカラーのカラコンから、普段使用も安心なダークブラウンやブラックなどのナチュラルカラーのカラコンも多く販売されていますので、仕事先や学校へも安心して装着することができます。

 
このカラコンにはフチが大きく印刷されていますので、瞳に装着することで普段よりも大きく魅力的な瞳にすることができます。もちろん普通のコンタクトレンズと同じように度ありのレンズも販売されていますので、視力が低い女性でも普段しようにコンタクトレンズの代わりにカラコンを使用することが可能になっています。通販サイトで気軽に購入もできるようになっているてんもメリットになっています。”

二重あご解消方法について

2014年1月31日 / 未分類

二重あごになるとたちまち老けた印象になり、一回り顔が大きくなった感じがしてしまいます。
下を向いたり横を向くとあごや首筋にしわができて本当に憂鬱にるものです。
これはあごの下の筋肉を刺激して引き締める事でシャープになり改善できるといいます。
まず、口を大きく開けた時に動く顎二腹筋という筋肉を確認します。
中央部分のくぼみにある筋肉です。
この筋肉はあごの裏にある、口の開閉する時に大きく動きます。
あごの中央から指1本分右側に両手の親指を揃えておき、あごのふちに沿ってスライドさせるように動かし、10回ほど往復します。
この時に親指をグッと押しこみながら動かすのがポイントです。
終わったら中央から指1本左側も同様に行います。
この時筋肉が硬いと思うところや引っかかりを感じるところは回数を多めにマッサージします。

 
また、胸鎖乳突筋という耳の下から鎖骨にかけて出っ張っている筋肉を刺激すると効果的です。
この筋肉に苦しくない程度に圧をかけることであごのたるみを解消できます。
あごのたるみは体型に関係なくなってしまいます。
出来る限りあごの筋肉を使って、筋肉トレーニングをすることでシャープになるので努力していきたいものです。”

顔ヨガで小顔になれるのか

2014年1月31日 / 未分類

 

 

女性ならキュっと引き締まった小顔に憧れるものです。
モデルのように身長が高くなくても、小顔ならば身体全体の印象がバランスよくなりスタイルが良く見えるものです。
しかし顔の大きさはどんなに高級なスキンケアを使用しても変えることはできません。
メイク方法で顔を引き締まったように見せる方法はありますが、実際に大きさが変わったわけではありません。
顔が大きく見える要因はむくみとたるみです。
血行が悪くリンパの流れが悪い状態であると顔がむくみ膨らんでみえるのです。
たるみはフェイスラインがはっきりせずに顔が大きく見えます。
理想は引き締まったハリのある肌が骨格の上にぴったり付いている状態です。
余計なぜい肉をつけずに、たるみやむくみが取れると小顔になることができるのです。

 
お金をかけずに自分でする方法が顔ヨガです。
目を大きく見開いたり、口を大きく開けたり、顔を大きく動かしたりと顔の筋肉を鍛えることによって、ぜい肉を落とし血行とリンパの流れを良くしてスッキリしたフェイスラインになることができます。
顔の中で面積が大きい頬は一番たるみやすくむくみやすい場所です。
口周りをしっかり動かしストレッチすることで、シャープなフェイスラインとなり小顔へと変化します。”

額のシワに効く顔ヨガについて

2014年1月31日 / 未分類

 

 

若い頃の肌はハリがあり、しわとも無縁ですが、ある程度の年齢になると肌の弾力やハリは失われてしまいますので、やはりシワは目立ってくることとなります。

特に額にできるものは目立ちますし、やはり年齢が出てしまいますから、気にされている方も多いのではないでしょうか。

対策としては、肌をしっかり保湿したりマッサージで保湿ケアを行うという方法もあります。

そして、髪型でも額を出しているヘアスタイルの人は前髪に工夫するだけでもかなり目立たなくなります。

それから顔の筋力が衰えることでも肌はたるんできますので、筋力を鍛えるためのトレーニングなども行なうと良いでしょう。

肌を引き締めることはもちろん、トレーニングは小顔効果も期待できます。

顔の体操、エクササイズ、フェイスヨガなど様々な方法がありますが、良い効果を出すためには正しい方法で行なうことが大切ですので、書籍やDVDなどを参考にするのも良いでしょう。

そして肌が乾燥した状態で行なってしまうと逆効果になってしまう場合もありますので、トレーニングを行なう肌をしっかり保湿を行なっておくと良いでしょう。

そして即効で効果があるというわけではありませんので、根気良く続けていく事も大切です。”

眉間のシワに効く顔ヨガについて

2014年1月31日 / 未分類

 

 

眉間にしわがあると印象も良くありません、特に縦じわが深いととても不機嫌な顔に見られがちですし、老け顔を加速させてしまいます。だからといって怒りたいときや不機嫌なときに、眉間を気にして美しく怒るなんてなかなかできることではありません。改善と予防するためにはマッサージなどでお手入れをすることが大事になります。ひたいの筋肉は後頭部の筋肉とつながっていますので、後頭部をていねいに揉み解すことで皮膚と筋肉のストレスが解消されどちらも柔らかくなっていきます。

 

もちろん、眉間のシワにも効果が出てきます。やり方は、両手を組んで後頭部にあて、頭皮を揉み解すような感じで組んだ両手を小刻みに上下、左右に10秒ずつほど動かします。次に、眉を内側下方にゆっくりと引き寄せ、目を細めたまま、眉を斜め外や上方にゆっくりと引き上げながら眉間をグーッと広げ5秒ほど静止して元に戻します。これを数回繰り返します。次に、中指で眉頭を抑えそのまま反対の手の中指と薬指で眉の上を外側に円を描くようにマッサージします、反対側同じようにしてこれも数回繰り返すようにします。いつ何回やってもいいので自分の都合の良いときに毎日続けて行うことで次第に効果が出てきます。

ほうれい線に効く顔ヨガについて

2014年1月14日 / 未分類

 

 

女性の悩みの1つにあげられるほうれい線は加齢や、肌の乾燥、紫外線、たるみなどの原因によって起こります。肌が乾燥してしまうと、皮脂や汗が不足している角質層が壊れてしまい肌のバリア機能が低下してしまいますし、紫外線を浴びてしまうと肌の水分が奪われて乾燥を引き起こし肌の基礎機能が低下してしまいます。また、加齢とともに頬の脂肪も重力の影響で下に落ちてしまいたるみが生じます。これを改善、予防するにはバランスの整った食事やサプリなどを利用するのも良いですが、顔の筋肉を鍛えることも大事です。

 

顔の表情筋を鍛えることでシワやたるみなどを改善し、リンパの流れが良くなることでむくみの解消にもつながり、小顔効果も期待できます。鍛え方は色々とありますが簡単なものは、まず目、鼻、口、顔すべてのパーツをぎゅーっと力を入れて顔の中心に集め、鼻と口から一気に息を吐き出します。最後まで吐ききったら、顔全体を緩めます、これで顔全体をほぐして血流を良くすることができます。次に唇を真ん中に丸い円ができるようにすぼめて、目を閉じ口角の両側をしっかりとすぼめて口とあごを突き出したり、戻したりを数回繰り返します。これでシャープなフェイスラインを作る効果があります、時間にこだわらず自分の都合に合わせて毎日行うことで改善・予防に効果が出てきます。

TOPへ戻る